「お湯」のある生活のために
私たちは何気なく日々の生活でお湯を使っていますが、あれは給湯器あってのものです。毎日のお風呂もお湯がなければ入れませんね。普段給湯器は外に置かれているので、私たちはなかなか目にする機会がないかもしれませんが、生活に欠かせない大事な設備です。いざという時のために、最低でもどこに設置されているかくらいは確認しておくことが大切です。

給湯器の耐用年数
使用頻度にもよりますが、家庭用のガス給湯器の耐用年数は、およそ10年~15年程度と言われています。経年による基盤の故障、部品の劣化が主な理由です。例え不具合がなくても、給湯器の標準寿命というのをメーカー側が定めており、それは概ね「10年」だそうです。10年ほどで修理に対応出来る部品が無くなるからというのが理由のようです。従って、10年を超える給湯器を修理する場合は、買い替えも検討に入れることが必要になってきます。

故障のサイン
普段は外にあって見かけない給湯器。ではどうやって異常を見つければよいでしょうか。
給湯器の異常には次のようなことが挙げられます。
1)お湯がぬるい
 明らかに給湯器の異常と言えます。最近はお風呂の温度を設定して給湯できるタイプも多いですが、
 その設定温度よりもぬるいようでしたら給湯器の異常が考えられます。

2)お湯にムラがある
 熱くなったりぬるくなったり、お湯の温度が安定せずムラが出るようになったら給湯器の異常が考えられます。

3)異音がする
 お湯を出した瞬間に給湯器が稼働し始めますが、その音がいつもと違ったり、音が大きかったりしたら給湯器の異常が考えられます。

以上のような現象が起きたら、給湯器修理、交換のサインです。
専門業者に連絡して点検してもらいましょう。

コメントは停止中です。