給湯器の寿命と交換時期

冬の寒い時期に突然、「お風呂のお湯が出ない!」と焦ったことはありませんか?寒い時期は水温も低くなるため、夏よりもお湯を沸かす力が必要となります。そのため給湯器に負担がかかり、冬に故障する事が多くなります。夏ならともかく、冬にお風呂のお湯が出ないのはとても困りますよね。
冬は故障が多くなる為、工事の業者も混み合う時期です。なかなか工事の予定が取れないという事もあります。お風呂に入れない!急な出費で困る!なんて事のないように、給湯器の寿命や故障のサインをよく知り、突然の故障を未然に防ぎましょう!

給湯器の寿命はどれくらい?

ガス給湯器の耐用年数は、おおよそ10年~15年程度といわれています。これは目安であり、メーカーやご家庭の利用頻度によってはもっと早く壊れてしまう場合もありえます。各メーカーでは、標準的な使用条件で、安全に支障なく使用できる期間を定めており、家庭用給湯器は10年と設定されています。
10年以上経って使用できるものであっても、部品の廃盤等の理由でメーカーも対応できない場合があります。修理が可能であっても、修理費用が高くついてしまう事もあるので注意が必要です。

給湯器の故障のサイン

・お湯が温まるのに時間がかかる。
・お湯の温度が上がったり下がったり安定しない。
・オートタイプのお湯張りで、設定温度よりもぬるい。
など、給湯器にこれらの症状が出るときは要注意!故障のサインを見逃さず、早めの買い替え・交換をご検討ください。

コメントは停止中です。