「給湯器」にはいろいろな種類がある

季節や時間を問わず、いつでも温かいお湯を使うことができる「給湯器」。しかしながらひとくちに給湯器といってもその熱源はさまざまで、ガスや電気、石油などその種類は多岐に渡っていることはお分かりかと思います。そしてご自分のこだわりたい条件や目的に合わせてどれにするのかを選ぶ必要があるので、給湯器の買い替えや給湯器の交換を考える際にはそれぞれのメリットやデメリットを知っておいた方が良いのです。今回は代表的な種類の給湯器について、簡単にではありますが見ていくことにしましょう。

それぞれのメリットとデメリット

【ガス給湯器】
・メリット:単純な構造をしているため故障が少なく、蛇口をひねるだけですぐにお湯を出すことができる。給湯能力が高く湯量が安定している。電池式なので停電時でも利用できる。
・デメリット:お湯を沸かす際の運転音がうるさい。寿命が電気式などに比べて約10年と短い場合がある。屋内に設置する場合には排気のための設備が必要。

【電気給湯器】
・メリット:深夜電力を利用して湯沸かしをすることができるので割安になる。故障の原因になる燃焼部分がないので、寿命が約20年と長い。
・デメリット:タンクにお湯を貯めるので広い設置スペースが必要になる。タンクの容量によっては一度にお湯を使ってしまうと水になってしまう。

【石油給湯器】
・メリット:灯油を用いた燃焼でパワフルな給湯能力が期待できる。寒冷地との相性も良く、地域の気温を問わず経済的に利用できる。
・デメリット:灯油の排気臭がする。灯油タンクへの定期的な給油が必要。

自分に合った種類を選ぶ

いかがでしたでしょうか。上記にあげた種類以外にも床暖房機能付きのものや太陽熱を利用したものなどがありますし、種類によっては給湯器の導入の際に国や自治体から補助金を支給される制度もありますので、給湯器の交換や給湯器の買い替えの際には上記のようなメリット・デメリットを考慮し、コストや給湯能力、運転音などどのようなポイントを重視するのかも明確にしたうえで、ご自身に最適な給湯器を選ぶようにしましょう。

コメントは停止中です。