給湯器の交換や給湯器の修理を行っていますか?

給湯器の寿命は10年程と言われていますが、場合によっては給湯器の修理や点検を行って長く大切に使っている人もいます。しかし給湯器の中には交換や給湯器の買い替えをしなければならないにも関わらず、給湯器をそのまま使い続けているという人もいます。
給湯器が故障しているにも関わらず無理して使用を続け、火災や一酸化炭素中毒による事故へ繋がるケースもあります。
給湯器は交換や修理を定期的に行うことが大切なのです。

給湯器の故障

給湯器が故障してしまう原因は様々ですが、給湯器の故障は冬場に起こりやすいという傾向があります。特に給湯器を使いたくなる季節なので、当然かもしれません。
また給湯器が故障しているのではなく、コントロールパネルが故障している場合もお湯が出ないなどのトラブルが起こる場合もあります。
給湯器が故障しているのかな?と思った時は、
出すお湯の量を多くしたり、ガス栓が開いているか確認してみましょう。
また、ゲリラ豪雨や積雪などによって給湯器が正常に作動しないこともありますので、
少し様子を見てみるのも大切です。

こんな給湯器の故障は絶対に使用をやめてください

給湯器の故障には時に重大な事故を引き起こす危険があります。
例えば黒煙が上がっている場合。これは給湯器が不完全燃焼を起こしています。酸っぱい臭いがしたり、排気口の近くにいると目がチカチカする、といった場合は給湯器本体に異常がある場合がありますので、そのまま使用するのは危険です。
すぐに給湯器の使用をやめて、給湯器を修理、または給湯器の交換をしましょう。

コメントは停止中です。