家に備えらえられている設備は、必ずしも「永遠」が保証されたものではありません。
その多くは、使用するにあたりある程度の時期を越えると、何らかの不具合が起きる事もあります。
その不具合の様子は、小さなものから大きなものまでと色々です。
例えば、年中室内の温度を快適に保つエアコンの場合も、この不具合が起きます。
温風や冷風が出てくる場所から水がポタポタ落ちる事や、起動中に異音が発生する事等があります。
また、電源を押しても起動しないといった大きな不具合もあります。

このような状態は、故障と呼ばれるものでです。
故障が起きた際は、修理して直る場合とそうでない場合の2つのパターンに別れます。

故障で起きること

元栓

給湯器にもこれと同じ事が言えます。この給湯器も、永遠のものではなくこのような故障というトラブルが起きる場合があります。
給湯器が故障した場合も、修理によって直る場合とそうでない場合とに分別できます。
そうでない場合だと、買い替えする事が1つの手段となります。

給湯器が故障すると、色々な現象が起きます。それは、故障のサインでもありますので、事前にサインの事をしっかりと把握しておく事も大切です。
給湯器の故障のサインとして、お湯が出ない事もその1つです。これは、給湯器が正常に動作していないために、お湯を沸かす事ができていない状態になります。
また、お湯の使用ができても、温度調節ができない事もサインの1つになります。