給湯器

生活には欠かせない給湯器、お湯の利用だけではもったいない?
給湯器はその名前の通りお湯を配給する機器です。そのため利用の場所としてはお風呂やキッチン、洗面所に限定されていると思われがちです。もちろんお風呂場でシャワーなどのお湯を使用するために必要不可欠な給湯器ですし、冬場の洗い物にもお湯が欠かせません。そんな給湯器がお湯を作るだけでなくもっと多機能になって便利な使用方法が可能になっています。

給湯器は人に優しい暖房方式です
給湯器は水回りだけでなくリビングでの暖房としての利用方法が人気となっています。ひとつの給湯器を熱源機として家のあらゆる場所で暖房、温水の使用が可能です。床暖房は温水暖房方式となり、加熱した温水を暖房用のポンプで床下に貼られた循環器官を巡らせることで暖めます。ホコリを巻き上げず優しく部屋全体を暖めることから人気となっています。もっと手軽に使用する方法としては温水マットがあります。設置は熱源機から各部屋への配線が必要ですが、床暖房より簡単に設置でき電気カーペットのように手軽に使用できます。個室、トイレなどあらゆる場所にパネルヒーターを設置することもできます。温風を出さずに暖めることで空気が汚れにくく自然な暖かさであることから、小さなお子様の居るご家庭から人気です。

家中の暖房をひとつの給湯器で行うことができます
暖房以外にも食器洗い乾燥機の給湯、脱衣室の乾燥用にも給湯器が利用できます。給湯器には電気、ガスのタイプがありガスを使用するものが広く普及していると言えます。ガス給湯器は使用しているけれど、暖房には石油ストーブやエアコンを使用しているというお宅は多いでしょう。使用環境によって違いはありますが、ガス給湯器による暖房にまとめることでガス料金がお得になるプランも有ります。熱源機から各場所への配線などの工事が必要ですが、短時間の工事で済む場合もあります。また、給湯器には様々なタイプが出ていますので一度業者に相談してみてはいかがでしょう。

○給湯器の寿命
私たちの生活になくてはならないお湯。夏場でも、温かい、もしくは熱いシャワーは現代人の生活に欠かせません。日々の暮らしのなかで気軽にお湯を使うことができるのも、給湯器のおかげ。蛇口をお湯モードでひねればすぐにお湯が出てくるなんて、昔の人は想像できたでしょうか?日頃なかなかじっくり見ることはありませんが、給湯器はとても重要な役割を果たしてくれています。そんな給湯器の耐用年数は使用頻度にもよりますが、平均10~15年ほどと言われています。10年以上同じ給湯器を使えているというご家庭も多いようです。しかし、7、8年経ったところで給湯器の修理や交換が必要になるようなケースも少なくありません。急にお湯が使えなくなっては大変ですので、日頃から給湯器の調子には気を配っておきましょう。

○給湯器故障のサイン
給湯器が故障する前というのは多くの場合において前兆があります。次のようなことが起こったら注意してください。
・お湯を使うと大きな発火音がするようになった。
・給湯器から変な音がする。
・給湯器から黒煙が発生している。
・追い焚きができなくなった。
・設定温度よりぬるいお湯しか出ない。
・お湯の温度が一定しない。
これらは給湯器の故障に起因したものかもしれません。本格的に給湯器が故障してしまう前に、給湯器修理の業者に相談しましょう。また、特に煙が出ているような時は大変危険な状態です。すぐに使用を中止してください。

○給湯器が故障したら
給湯器が故障した場合、給湯器修理で直る場合もあれば、給湯器の交換が必要になることもあります。基本的には修理で済ませたいという方が多いと思いますが、給湯器は修理の程度によっては、交換に近い金額になることもあります。業者に見てもらう際には、給湯器修理と給湯器交換両方の見積もりをとってもらうこともおすすめします。

給湯器の交換目安
皆さんは、給湯器の交換を考えていますか?給湯器には寿命がありおおよそ8~10年と言われています。
使い方にもよりますが10年以上経過している場合は早めに給湯器を交換しましょう。給湯器を交換しないと、思わぬ事故につながることもあります。
また冬に壊れやすく給湯器の交換時期は冬を迎える前が向いているといわれています。
冬に壊れやすい理由としては設定温度と元の水温の差にあり、これが大きければ大きいほど負担がかかり、結果的に壊れやすくなります。

給湯器の買い替え

故障していなくても給湯器を買い替えることでメリットがあることもあります。
一部の給湯器には効率よくお湯を沸かす機能がついているので、その分ガス代がお得になります。
年間で考えると大きな数字になる場合があり、それを長く使えば給湯器を買い替えてよかったと思えると思います。
思い切って給湯器を買い替えるのも一つの手です。
もちろんエネルギーを効率よく使うことは環境保護にもつながります。

給湯器の探し方

給湯器の交換・買い替えをする場合、情報サイトや口コミサイトを活用しより多くの情報を得ることが大事です。
相場や機能性などを検討できますし、実際にあった話も聞けるかもしれません。
さまざまな情報を収集し、自分に合った給湯器に交換・買い替えすることが大事です。
給湯器の交換・買い替えはそうそう行うものでもないので手間を惜しまず、確実にいいものを手に入れたいですね。

給湯器の機能と種類

私たちの暮らしに欠かすことが出来ないお湯。いつでも暖かいお湯を使うことが出来るのは「給湯器」のおかげです。給湯器にも様々な種類があります。どんな種類があるか見ていきましょう。まずは「ガスふろ給湯器」です。これは家中のお湯を使いながらお風呂も沸かすことが出来る機能です。次に「暖房機能付きガスふろ給湯器」です。これは家中の湯+お風呂の追いだきも可能なうえに浴室の暖房や床暖房機能を兼ね備えた優れものです。そして最後に「ガス給湯器」です。給湯器専用タイプで、お風呂の追いだきはできませんが、家中のお湯の給湯と浴槽にお湯を張ることが出来ます。このように一口に給湯器といっても様々な機能と種類があります。

給湯器の故障を疑う

給湯器は調子の良し悪しがわかりにくいため中々故障するまで気が付きません。しかし、給湯器も耐用年数があります。給湯器から異音や黒い煙が出る、お湯が溜まるのに時間がかかってしまう、温度が安定しない、設定温度よりもぬるいまたは冷たいなど給湯器がこのような状態の時は故障を疑いましょう。給湯器は冬、水温が低いためお湯を沸かすのに相当な負担がかかってしまい、冬場に壊れてしまうといったことが多いです。冬にお湯が使えなくなってしまっては大変ですよね。また、雨の多い時期なども故障しやすいので故障のサインを知って故障してしまったと感じたらすぐに修理、買い替え交換を依頼してください。

給湯器の修理業者を選ぶ

生活に必要なお湯はほとんど1台の給湯器から給湯されています。故障してしまった場合はお湯が使えなくなり大変不便な思いをしてしまいます。故障を察知したらいち早く修理を依頼することが大事です。その為にあらかじめ頼める業者を吟味しておきましょう。季節によって工事や修理が込み合ってしまうのでそういったことも配慮しつつ日頃から信頼できる業者を知っておきましょう。交換か修理かを見極めるのは独断では難しいです。困ったときは業者の方に相談してみましょう。

【給湯器普段から点検】
生活には欠かせないお湯を作り出す給湯器、一日の疲れを癒すお風呂や冬場冷たい水での皿洗い、給湯器があると助かりますよね。
毎日のように使うお湯ですが、マメに給湯器を点検する方はなかなかいらっしゃらないのではないかと思います。しかし、しっかりと点検をしておかないと万が一突然故障したとき、すぐに給湯器を復旧できるとは限りませんし、すぐに給湯器を修理できるとも限りません、そして給湯器を買い換えることになった場合も給湯器工事期間が必要なので時間が掛かります。
また、使えなくなって給湯器の取り付けは免許が必要ですし、給湯器の修理をご自身でした場合メーカーの保証はなくなりますし、何より危険なのでご自身での修理はやめましょう。
【何をどう点検したらよいか】
点検は業者に頼まないとできないのかというとそうでもありません。給湯器の周りに可燃物が無いかどうか給湯器自体にホコリがたまってないか。たまっていたりしたら掃除するだけでも給湯器故障の確立は下げれます。ホコリが原因で給湯器を買い換えや修理となったら皆さん嫌ですよね?マメに給湯器を掃除するだけでも大丈夫なので、万が一を考えたら安いと思います。
【給湯器買い替え、付け替え】
もし、給湯器を買い替えるとなった場合どれくらい期間が必要なのか気になるところだと思います。
業者と連絡を取り、訪問日を決めた後、現地調査、見積もりなどをきめ着工となります。時期にもよりますがそこまで二日で決まる場合もあります。取り付け自体は設置場所や環境によりけりですが一日で終わることが多いようです。

給湯器を買い替えたり、給湯器を交換する際に気になる数字がありませんか。ガス給湯器の「給湯器〇〇号」この号数はいったい何なのかきちんと把握するとより良い給湯器に交換できるようになります。

〇ガス給湯器の号数はお湯の強さ
ガス給湯器を交換される際に商品案内を見るとでてくる数字、この号数は型番ではありません。この号数は現在の水温に25℃足した水が分間で何リットルでるかを表しています。例えば「給湯器16号」を冬場に稼働した際、水温が10℃であれば35℃の水が一分間で16リットル出せる計算になります。つまり沢山のお湯を使いたい方は高い号数の給湯器を交換すればよくなります。水圧が低くて困ってる人は号数を見直してみてはどうでしょうか。

〇電気給湯器に買い替えるためには給湯量を見ましょう
オール電化にのために給湯器を買い替える方も多いと思います。オール電化の際の給湯器は貯湯量が重要になります。全ての温水を一つの給湯器で賄う際に気になるのはお風呂ではないでしょうか。家事の際にお風呂を沸かしながら食事の用意をするご家庭も多いでしょう。貯湯量はこの時に重要になってきますので、給湯器の買い替えを考えている際には是非とも確認しておきましょう。

生活を便利にするためには、生活を見直す必要があります。毎日使うものだからこそ、ご家庭ごとに合った給湯器に買い替えることをお勧めいたします。給湯器の設定温度や号数、そして給湯量などをしっかりと見比べて、皆様の生活スタイルに合った給湯器へと交換したいですね。

給湯器の恩恵夏場はあまり感じないかもしれませんが、冬場の、特に今sのような寒い時期の給湯器の効果やありがたみは絶大です。暖かいお湯が出てくるというのは、忘れがちなことですが実はとても偉大なことなのです。江戸時代の小説の一説に「冬場の寒さに手が痛い、井戸の水が湯にならぬだろうか」という文章がありますが、昔は井戸から水をくんでいた時代です。もしくは川から水を引いたり、あるいは雨水を貯めて生活の水としていたような生活が、今現代の日本においてはわざわざ火にかけなくてもお湯が出てくるという素晴らしい時代なのです。そういったありがたみを忘れている方も多いことかとは思います。給湯器の恩恵は偉大なのです。給湯器の種類
そんな給湯器にも様々な種類があります。「ガス給湯器」や「電気給湯器」あるいは「石油給湯器」などといったものがあります。ガス給湯器は一般的な給湯器の一つです、家庭にあるガスボンベ、もしくは都市ガスの「ガス」を利用して発火させ給湯を行うというものです。「石油給湯器」は発火させるという面では同じですが、こちらは灯油を用いて発火させます。「石油ストーブ」と同じ原理です。なのでガス給湯器に比べ少し温まるのが遅いです。そして近年の「オール電化」の流れを汲み主流になりつつあるのが「電気給湯器」です。こちらは電気の力を使って給湯を行うので発火をすることはありません。かつ電気の力を使うので温まるのが非常に速いです。電力消費で給湯を行うのでガス給湯器に比べ安くつきます。このように、1口に給湯器といっても、その種類は様々なのです。給湯器の交換もしご家庭にある給湯器が故障してしまったら、早めに修理することをお勧めします。給湯器の利用として、「炊事作業」「風呂」「洗面」などがあると思いますが、このどれらも、お湯が出ないとなりたたないどころかかなり不便であるかと思います。もし、交換ということを検討される場合は、ガス給湯器の方は電気給湯器への移行を視野に入れても良いのかもしれません。ガス給湯器や石油給湯器に比べ、電気給湯器のメリットははるかに大きいです。電気代の節約にもなるでしょうし、お湯の出来上がるスピードは比較にならないくらいです。一度交換の段取りを考えてみるのも1つの方法なのかもしれませんね。

給湯器の寿命と交換時期

冬の寒い時期に突然、「お風呂のお湯が出ない!」と焦ったことはありませんか?寒い時期は水温も低くなるため、夏よりもお湯を沸かす力が必要となります。そのため給湯器に負担がかかり、冬に故障する事が多くなります。夏ならともかく、冬にお風呂のお湯が出ないのはとても困りますよね。
冬は故障が多くなる為、工事の業者も混み合う時期です。なかなか工事の予定が取れないという事もあります。お風呂に入れない!急な出費で困る!なんて事のないように、給湯器の寿命や故障のサインをよく知り、突然の故障を未然に防ぎましょう!

給湯器の寿命はどれくらい?

ガス給湯器の耐用年数は、おおよそ10年~15年程度といわれています。これは目安であり、メーカーやご家庭の利用頻度によってはもっと早く壊れてしまう場合もありえます。各メーカーでは、標準的な使用条件で、安全に支障なく使用できる期間を定めており、家庭用給湯器は10年と設定されています。
10年以上経って使用できるものであっても、部品の廃盤等の理由でメーカーも対応できない場合があります。修理が可能であっても、修理費用が高くついてしまう事もあるので注意が必要です。

給湯器の故障のサイン

・お湯が温まるのに時間がかかる。
・お湯の温度が上がったり下がったり安定しない。
・オートタイプのお湯張りで、設定温度よりもぬるい。
など、給湯器にこれらの症状が出るときは要注意!故障のサインを見逃さず、早めの買い替え・交換をご検討ください。

交換?それとも修理?

家で使っている給湯器が故障してしまったと、家でお湯が使えなくなります。お湯というものは、意外と生活の中でたくさんつかわれていますので、お湯が使えない生活というのは、予想以上に不便です。給湯器が故障してしまった場合、給湯器の交換か給湯器を修理を行うという選択肢がありますが、いったいどっちを選べば得するのか?ということで、悩んでいる人もいると思います。一体どっちがお得なのでしょうか?

給湯器の交換

給湯器を交換する場合、最新機種を導入すうることが出来るというメリットが存在しますので、古い給湯器を使っている方は、給湯器の買い替えを行ったほうが、いいかもしれません。特に、追い焚き機能がついていなかったりする場合は、最新機種を導入するだけで生活環境がガラッと変わりますよ。また、給湯器には一度に沸かすことができるお湯の量がある程度設定されていますので、生活環境と給湯器の性能が合っていないという方も給湯器の買い替えがおすすめです。

給湯器の修理

まだ、給湯器を交換したばかりの人や、新築に住み始めたばかりというかたには、給湯器の修理がおすすめです。このような状況の場合、給湯器も最新機種に近いものが設置されている可能性が高いので、新しく給湯器を購入するよりも給湯器の修理をしたほうが費用が安くつくことがあります。やはり新しい機材を導入する際には、それに応じた費用が必要になります。
給湯器の交換のほうが安く済むのなら、無理をして給湯器の交換をする必要はありません。

給湯器の買い換えですが、なかなかどの企業に頼めば良いのか分り辛いことが難点ですよね。給湯器の買い換えと言っても、給湯器の買い換えを必要なのかすら、よく分からない場合が多くあります。給湯器の買い換えというと、お金がかかってしまうということがよくありますよね。もちろん、お金がかかってしまうところもあれば、そんなに給湯器の買い換えにお金がかからなかったという人もいらっしゃいます。
さまざまな人がいますが、実際にそのような形でお金がかかってしまうというのは、あまり良い給湯器の買い換えの業者ではないと考えられます。給湯器の買い換えと言っても、そうやたら高額になることはまずありません。
給湯器の買い換えをしようとして、想像よりも高額な請求が来た、などと言うのは、あまりいい業者とはいえないでしょう。給湯器の買い換えをするより、修理をしたほうが安いにも関わらず、給湯器の買い換えを勧めて、高額に給湯器を売りつけるという業者が給湯器の買い換え業者のなかにはいるそうです。
そのようなあまり良くない給湯器の買い換え業者に当たらないためにも、しっかりとどの給湯器の買い換え業者が良いのか調べておくことが大切です。
むしろ、そのような業者に当たらないためにも、しっかりと、調べて、どの業者が優良な給湯器の買い換え業者なのか検討を付けておくことが必要です。
しかし、調べると言っても、膨大な数のある給湯器の買い換え業者を調べていくのは骨が折れます。なので、給湯器の買い換えの価格比較を行っているサイトを使って調べてみることが必要です。そのような一括比較系のサイトを使えば手軽に安いところをみつけることができますし、なによりも簡単に給湯器の買い換えの見積もりも取れるので、安心です。