月別アーカイブ: 6月 2016

○給湯器の寿命
私たちの生活になくてはならないお湯。夏場でも、温かい、もしくは熱いシャワーは現代人の生活に欠かせません。日々の暮らしのなかで気軽にお湯を使うことができるのも、給湯器のおかげ。蛇口をお湯モードでひねればすぐにお湯が出てくるなんて、昔の人は想像できたでしょうか?日頃なかなかじっくり見ることはありませんが、給湯器はとても重要な役割を果たしてくれています。そんな給湯器の耐用年数は使用頻度にもよりますが、平均10~15年ほどと言われています。10年以上同じ給湯器を使えているというご家庭も多いようです。しかし、7、8年経ったところで給湯器の修理や交換が必要になるようなケースも少なくありません。急にお湯が使えなくなっては大変ですので、日頃から給湯器の調子には気を配っておきましょう。

○給湯器故障のサイン
給湯器が故障する前というのは多くの場合において前兆があります。次のようなことが起こったら注意してください。
・お湯を使うと大きな発火音がするようになった。
・給湯器から変な音がする。
・給湯器から黒煙が発生している。
・追い焚きができなくなった。
・設定温度よりぬるいお湯しか出ない。
・お湯の温度が一定しない。
これらは給湯器の故障に起因したものかもしれません。本格的に給湯器が故障してしまう前に、給湯器修理の業者に相談しましょう。また、特に煙が出ているような時は大変危険な状態です。すぐに使用を中止してください。

○給湯器が故障したら
給湯器が故障した場合、給湯器修理で直る場合もあれば、給湯器の交換が必要になることもあります。基本的には修理で済ませたいという方が多いと思いますが、給湯器は修理の程度によっては、交換に近い金額になることもあります。業者に見てもらう際には、給湯器修理と給湯器交換両方の見積もりをとってもらうこともおすすめします。